外岩向けのボルダリングに特化した国産ブランドClimbheadsがいよいよ始動です! …

外岩向けのボルダリングに特化した国産ブランドClimbheadsがいよいよ始動です!

ULハイキングのみならずいよいよクライミング界にもガレージの波が押し寄せます。Climbheadsはハンドメイドでカスタマイズされたボルダリングマットやクライミングギアを制作するガレージメーカーです。

岩ととことん向き合うクライマー自身が使い勝手にこだわり試行錯誤して発案したオリジナルのギミックやデザインは必見。画一的なクライミングギア業界に一石を投じるアイテムを揃えていよいよ一般にリリースします。

4月21日(金)22日(土)の両日にMT.FABsにて実物を見ていただける展示イベントを開催予定です。制作者の米田治人氏自ら店頭に立って説明します。カスタムの相談もその場でOK。T-WALL江戸川橋もすぐ近くですのでジムに立ち寄りついでに気軽にお越しいただいてもOKです!

http://climbheads.com/

スルーハイカーにしてイラストレーターでもあるRyosuke …

スルーハイカーにしてイラストレーターでもあるRyosuke …

スルーハイカーにしてイラストレーターでもあるRyosuke Kawato (Iwashi)氏の卓上カレンダー在庫しています。バックパックを背負った少女が不思議な世界を旅するさまざまなシーンを独自のタッチで描いた作品。眺めているとどうにも旅に出たくてたまらなくなるカレンダーです。

1個2,000円、数に限りがありますので取り置きや郵送をご希望の方はご連絡ください。

スピーカーにちょっと変わった経験を持つ<本間 …

スピーカーにちょっと変わった経験を持つさんも加わりましたw こちらも予約はお早めに!

1987年生まれ。
2015年春、バイクの整備士を辞めPCTを歩く。
2016年春よりフィジーにて語学留学、その後、ピレネー山脈のスペイン側にあるトレイルGR11踏破を試みるが、3日目にツェルトが動物に破壊される。
降りた街がちょうどサンティアゴ巡礼の道のルート上だったのでサンティアゴ巡礼に切り替え、サンティアゴまで歩く。
2017年春より、PCTを再び歩く予定。

いよいよ来週です!美味しいドラフトビールを片手に、絶景のスライドトークショーを一緒に楽しみましょう!(予約もぼちぼち埋まりはじめています。Facebookページの参加ボタンと予約サイトは違うのでご注意を!) …

いよいよ来週です!美味しいドラフトビールを片手に、絶景のスライドトークショーを一緒に楽しみましょう!(予約もぼちぼち埋まりはじめています。Facebookページの参加ボタンと予約サイトは違うのでご注意を!)

MT

MT.FABs 年末イベント第二夜
座談会『いまどきのロングトレイル・これからのロングトレイル』12/15(木)

この夏、JMTこと「ジョン・ミューア・トレイル」を単独踏破したヤマモト マサシ氏をはじめ、個性溢れる3人のスルーハイカーが体験した「ロングトレイル」の歩き方や楽しみ方、失敗談も含めて思いの丈をそれぞれの視点で語りつくす座談会です。「よなよなエール」を片手にざっくばらんなトークと雄大な景色のスライドショーをお楽しみください。

日時: 2016年12月15日(木) 20:00〜
場所: MT.FABs
料金: 2,000円 ドリンク・軽食を含みます
人数: 20名 (申込順)

〈イベントの詳細、申込みページはコチラ↓〉
https://reserva.be/mtfabs118

<>
川崎のグループラン&バイクコミュニティ「KAWASAKI BICYCLE & RUNNING COMPANY」主催。トレイルランニング、ハイキング、ファストパッキング、なんでも全力で楽しみつくしたい社会人。週末を充実させるために日々奮闘中。関西人。

<>
フリーランス イラストレーター。20歳からバックパックキングでアジア圏を旅行。2010年に「ヒマラヤトレイル」、2015年に「Pacific Crest Trail」4200キロを踏破。2017年には「Cotinental Divide Trail」を予定。絵を描きながら歩いていたのでトレイルネームは“Sketch”。あだ名の「いわし」は飼い猫の名前。
http://kawato322.wix.com/ryosukekawato

<>
人気アウトドアメーカー勤務の傍ら、自身のアウトドアブランド「RIDGE MOUNTAIN GEAR」を主催。
アパレル業界にいた経験を生かし、普段使いでも違和感の無いスッキリとしたデザインが人気。最近では吉祥寺PARCOにて開催された「ADVENTURE IS OUT THERE!」に出展。山歩きを始めたのは5年程前から。今年の9月、前々から憧れていたJMTを夫婦で歩く。
http://ridgemg.thebase.in

<>
1987年生まれ。
2015年春、バイクの整備士を辞めPCTを歩く。
2016年春よりフィジーにて語学留学、その後、ピレネー山脈のスペイン側にあるトレイルGR11踏破を試みるが、3日目にツェルトが動物に破壊される。
降りた街がちょうどサンティアゴ巡礼の道のルート上だったのでサンティアゴ巡礼に切り替え、サンティアゴまで歩く。
2017年春より、PCTを再び歩く予定。

※スライドトークショー終了後は、そのまま〈MT.FABs〉の忘年会へと移行します。

MT

MT.FABs 年末イベント第一夜
『山下敏彦 氏 セブンサミッツへの挑戦 報告会』 12/14(水)

「自分自身の力がどこまで通用するか試してみたい、やれるところまでやってみたい。そして容易には辿りつけないその頂からの素晴らしい景色を見たい」という、一度取り組んだらとことんまで!が信条の、普段は都心のIT企業に勤めるサラリーマンである山下 敏彦さんによるスライドトークショーです。

奥多摩の低山からはじめた登山は、やがてヨーロッパ最高峰の「エルブルース(5642m)」登頂を皮切りに、〈セブンサミッツ(七大陸最高峰)〉制覇を目指すまでに至ります。サラリーマンとして忙しい日々を過ごす中で、〈セブンサミッツ〉を一つずつクリアし、2015年いよいよ最後にして最高峰である「エベレスト」へ向かいます。しかし、あのネパール全土を揺らした「大地震」により、ベースキャンプは壊滅、雪崩に巻き込まれ無念の撤退。一人の人間の熱い想いや行動力も自然の強大な力の前ではまったくの無力であることを思い知るのでした。

報告会では、山下さんが〈セブンサミッツ〉を目指してきた過程と、これからの挑戦についても熱く語ってもらいます。
「インドの青鬼」を片手に七大陸の高峰からの景色をスライドショーで楽しみましょう。

日時: 2016年12月14日(水) 20:00〜
場所: MT.FABs
料金: 2,000円 ドリンク・軽食を含みます
人数: 20名 (申込順)

〈イベントの詳細、申込みページはコチラ↓〉
https://reserva.be/mtfabs118

※スライドトークショー終了後は、そのまま〈MT.FABs〉の忘年会へと移行します。

イベント第二夜のテーマは「ロングトレイル」です。何日もかけて何百キロもの距離を移動する「ロングトレイル」。その先にはいったいどんな景色が待っているのか。 …

イベント第二夜のテーマは「ロングトレイル」です。何日もかけて何百キロもの距離を移動する「ロングトレイル」。その先にはいったいどんな景色が待っているのか。 …

イベント第二夜のテーマは「ロングトレイル」です。何日もかけて何百キロもの距離を移動する「ロングトレイル」。その先にはいったいどんな景色が待っているのか。

MT.FABs 年末イベント第二夜
座談会『いまどきのロングトレイル・これからのロングトレイル』12/15(木)

この夏、JMTこと「ジョン・ミューア・トレイル」を単独踏破したヤマモト マサシ氏をはじめ、個性溢れる3人のスルーハイカーが体験した「ロングトレイル」の歩き方や楽しみ方、失敗談も含めて思いの丈をそれぞれの視点で語りつくす座談会です。「よなよなエール」を片手にざっくばらんなトークと雄大な景色のスライドショーをお楽しみください。

日時: 2016年12月15日(木) 20:00〜
場所: MT.FABs
料金: 2,000円 ドリンク・軽食を含みます
人数: 20名 (申込順)

〈イベントの詳細、申込みページはコチラ↓〉
https://reserva.be/mtfabs118

※両日ともにイベント終了後は「MT.FABs」の忘年会へと移行します。

〈イベントのお知らせ〉 …

〈イベントのお知らせ〉 …

〈イベントのお知らせ〉
今年も残すところあと一ヶ月となり、年末、年越しハイクの計画を始めている人も多いかと思いますが、そんな中〈MT.FABs〉では12/14、15日の二日間、2夜連続のイベントを開催します!

第一夜は「高み」へのチャレンジ、「やんまー」こと山下 敏彦さんによる「セブンサミッツへの挑戦」です。

MT.FABs 年末イベント第一夜
『山下敏彦 氏 セブンサミッツへの挑戦 報告会』 12/14(水)

「自分自身の力がどこまで通用するか試してみたい、やれるところまでやってみたい。そして容易には辿りつけないその頂からの素晴らしい景色を見たい」という、一度取り組んだらとことんまで!が信条の、普段は都心のIT企業に勤めるサラリーマンである山下 敏彦さんによるスライドトークショーです。

奥多摩の低山からはじめた登山は、やがて、ヨーロッパ最高峰の「エルブルース(5642m)」登頂を皮切りに、〈セブンサミッツ(七大陸最高峰)〉制覇を目指すまでに至ります。サラリーマンとして忙しい日々を過ごす中で、〈セブンサミッツ〉を一つずつクリアし、2015年いよいよ最後にして最高峰である「エベレスト」へ向かいます。しかし、あのネパール全土を揺らした「大地震」により、ベースキャンプは壊滅、雪崩に巻き込まれ無念の撤退。一人の人間の熱い想いや行動力も自然の強大な力の前ではまったくの無力であることを思い知るのでした。

報告会では、山下さんが〈セブンサミッツ〉を目指してきた過程と、これからの挑戦についても熱く語ってもらいます。
「インドの青鬼」を片手に七大陸の高峰からの景色をスライドショーでお楽しみください。

日時: 2016年12月15日(木) 20:00〜
場所: MT.FABs
料金: 2,000円 ドリンク・軽食を含みます
人数: 20名 (申込順)

<>
1978年、埼玉県出身。登山を始める前の趣味は自転車。
2004年頃から登山を始める。奥多摩の低山からスタートし、全国の山々へ歩きに行く。
2010年、ヨーロッパ大陸最高峰のエルブルース(5642m)登頂をきっかけに、セブンサミッツ(七大陸最高峰の登頂)を目指す。
2015年、エベレストへ。セブンサミッツ達成の目前で、エベレストBCを襲った雪崩に巻き込まれ、無念の撤退。次の機会に向けて体勢を立て直し中。

第二夜の詳細は明日発表!
(イベント参加の「募集ページ」はその後に公開します)

※スライドトークショー終了後は、そのまま〈MT.FABs〉の忘年会へと移行します。

※〈お願い〉会場である工房兼ショップの〈MT.FABs〉はあまり広くありません。一人でも多くの人がイベントに参加できるよう、
ご友人などで「別の場所でちょっと聞いた」という方や、「今後、どこかで話を聞けそうだ」という方は、ぜひ、他の方へ「この機会」をお譲り頂くようご協力お願い致します。

〈鈴鹿山系の水先案内人〉”Suzuka …

〈鈴鹿山系の水先案内人〉”Suzuka …

〈鈴鹿山系の水先案内人〉”Suzuka Mountain Range – ADAPT ”

この夏、三重県、鈴鹿を起点としたまたひとつ新たな波がうねりだしました。「鈴鹿山系に集まるヒトやモノと、生活や遊びをつなげていく」”スズカ マウンテンレンジ ”と称したその活動は道具の提案、制作から、ハイキングイベント運営、さらには地域(街)の活性化活動まで多岐にわたります。

「さらにそのつながりを広げ、深めていく。そんな役割を担うのが”ADAPT(アダプト)”です。」人とモノ、人と人とをつなげるハブとして、”ADAPT”がこれからどんな活動をしてくれるのか、とても楽しみです。

そんなADAPTの活動を紹介する第一弾は日本国内産の木材を使用した「Wood Cup Hiro-sawa」。山でのひと時をより豊かにする木製のカップです。

より詳しい説明はADAPTのページを見てもらうとして、率直な感想としては、この波のような形状は木のぬくもりを指(から感覚)に伝えやすく、温かい飲み物などを飲むと、本当に「ふぅ」と一息つくことができます。ククサのように持ち手がないのが特徴でもありますが、カップ全体をそっと指で掴むスタイルは、「湯呑み」に慣れ親しんだ日本人にはむしろしっくりくる感覚ではないでしょうか。取っ手が無いことでクッカーの中などに収納しやすくなることに魅力に感じるユーザーも多いと思います。

また、僕(OGAWAND)が持っているサンプル段階のものよりも、さらに精度の高い削り込みをしていて軽量化も達成。この手のモノにありがちな「ぬくもりが放つ鈍くささ」のようなものはなく、むしろ工芸品のような洗煉された印象さえ受けます。
絶景を眺めながらコーヒーやお茶を楽しむもよし、山の天然水で割ったウィスキーを飲むもよし。やはり、とっておきの瞬間はとっておきの道具を使いたいものです。

“ADAPT”のページではさっそく売り切れ始めているようですが〈MT.FABs〉にも少量ながら入荷してますので、実物を手に取ってみたい方はぜひ足をお運びいただければと思います。

http://adaptsuzuka.thebase.in